意外と多い?クレジットカードを選ぶ基準はこれ

カード初心者はここを見ておこう

学生だと作れるクレジットカードの種類は限られていますが、社会人だと収入も雇用形態もバラバラです。クレジットカードは買い物するときだけに使うのであってあまりカード会社のブランドにも興味がないという人は年会費無料のカードを持つとよいでしょう。また、クレジットカードを使って頻繁に海外に行く人は年会費有料のカードを選んだ方が得をすることがあります。滞在先で非常事態に陥った時などにはヘルプデスクが助けてくれたり、カードによっては空港のラウンジを無料で使わせてくれたりするんですよ。

ポイント還元率で選ぶというのもあり

クレジットカードを使ってモノやサービスを買うとポイントが付与されますが、その還元率はカードによってだいぶ異なります。年会費が同額であってもカード会社が異なれば当然付与率も異なってきますよ。還元されたポイントを何に使うことができるのかもクレジットカードのグレードや発行元の会社によって違ってくるもの。一般的に年会費が高いカードほどより多くのポイントを得ることができるので、買い物が好きな人は年会費有料のカードにしてみるとよいでしょう。

付帯オプションで選ぶという選択肢

クレジットカードによっては、そのカードを使って買った物を無くしても商品の代金を補償してくれるサービスが利用可能です。また、日本を代表するようなレストランや料亭を予約してくれたり、料金を割引してくれるサービスも利用可能なので、ビジネスで会食することが多い人はこういった類のカードがお勧めですよ。クラシックコンサートやジャズライブ等のチケットを優先して予約させてくれたりと多くの得点を提供してくれるカード会社もあるんですよね。

クレジットカードとは、商品購入の支払い方法のひとつでカード会社が一度肩代わりしてのちに支払いをする方法です。