声の演技をする声優になるためにはどうすればいいの?

養成所に通い、事務所のオーディションを受ける!

声優になる為には、声の演技を学ぶ必要がありますよね。よって、声優を志望する多くの人は養成所に通い、発声や演技の基礎を学びます。その後、プロの声優が所属している事務所のオーディションに合格する事によって、新人声優となる事が出来ますよ。テレビアニメやゲームのキャラクターの仕事を貰う為には声優の事務所に所属する事が前提です。しかし、声優の事務所に所属できるタイミングは様々です。例えば養成所に在籍している間にオーディションに合格する人もいる一方で、養成所を卒業後に合格する人もいますよ。

主要キャラクターのオーディションに参加する!

養成所や事務所に所属していなくても、声優になる方法がありますよ。それは、事務所では無く、実際に演じる役のオーディションを受ける事です。キャラクターのオーディションを受ける場合は、事務所に所属している事が条件な場合もあります。ですが、一般に公表しているオーディションの場合は、運営側が声の演技が未経験の人材を欲しがっている可能性が高いでしょう。したがって、声優の事務所に入っていなくても、オーディションに合格する事で声優としてデビューする事が出来ますよ。

最初から声優を狙わない!

声優の事務所のオーディションを受けても、技術が足りなければ審査員に自分をアピールする事は難しいですよね。よって、最初から狙いを声優一本に定めるのでは無く、舞台俳優や女優といった演技力を磨く事の出来る仕事を経験する事が大切ですよ。子役や舞台俳優、女優を経験した上でプロの声優へと転身している人は多くいますよね。したがって、演技の道の基盤を盤石にするのであれば、声優以外の演技の世界に足を踏み入れる事が重要ですよ。

声優の養成所に申し込みをするにあたり、具体的なカリキュラムの内容や授業料の相場を調べる必要があります。